Loading...
住所・診療時間
〒650-0001兵庫県神戸市中央区加納町3丁目11-4 KEN2ビル1F

神戸市営地下鉄三宮駅より徒歩5分、JR三ノ宮駅より徒歩7分、阪急電鉄神戸三宮駅より徒歩8分、山陽新幹線・神戸市営地下鉄・北神急行電鉄新神戸駅より徒歩10分

駐車場三台完備

9:3013:00---
14:3019:00---
土曜午後の診療は14:30-17:00となります
駐車場
駐車場
閉じる

インプラント治療

 むし歯や歯周病で歯を失ってしまった場合、従来は入れ歯やブリッジで治療をしていました。近年はインプラント治療を行うことで、失った部分に再び歯に近い構造を作ることが出来るようになりました。

 インプラント治療は、チタン製のインプラント体を顎の骨の中に入れると、チタンと骨とがくっつく性質を利用して、骨の中に入れたインプラント体の上に歯と同様の形態のかぶせ物を装着することで、見た目にも機能的にも歯に近似した構造が得られる治療です。

 入れ歯やブリッジは残っている歯を支えにして歯がなくなった部分を補う治療です。入れ歯の場合は周囲の歯に針金をかけて装着するので、針金がかかる歯に負担がかかったり、針金そのものが見えて見た目が悪くなる場合があります。ブリッジの場合は健康な歯を大量に削って土台にしてかぶせ物を装着するため、その土台の歯にさらに負担がかかってしまったり、むし歯になったりして、どんどん悪い歯が増えていってしまう可能性があります。

 インプラント治療はそういった周囲の他の歯に全く負担をかけずに治療することができ、骨の中に入れたインプラント体の上にかぶせ物を装着する構造のため、ブリッジや入れ歯に比べて見た目や舌触りも天然歯に近く、使用感も優れています。

 インプラント治療では骨の中にインプラント体を埋める手術を行いますが、その埋める位置によってその後のかぶせ物を装着できる位置が決まってきます。手術までの検査の段階で最終的なかぶせ物の位置を十分に考慮しておかないと最終的なかぶせ物の咬みあわせが悪くなったり、かぶせ物が割れやすくなったり、インプラント体への無理な力や周囲への食べ物の詰まりが生じやすくなってインプラント周囲炎(インプラントに生じる歯周炎のことです)が生じやすくなります。

 当院のインプラント治療は、最終的なかぶせ物の咬みあわせや形態を予測し、適切なかぶせ物の位置、形態がとれるインプラント治療が行えるように、術前にCT撮影を行い、最終的なかぶせ物を作っていただく歯科技工士さんと診査診断の段階から連携して治療を行っていきます。インプラント体を治療計画通りに正確な位置に埋入するため、手術の際にはサージカルガイドというインプラント体を埋入する位置、深さを規定する装置を患者様毎に作製して手術を行います。

 また、当院で使用するインプラントは、品質、安全性、長期安定性で実績の高い、世界トップメーカーであるスイスのストローマン社とノーベルバイオケア社のインプラントを使用しています。歯科用CTは画像解像度に優れたドイツのKaVo社製(OP 3D)を使用しております。

インプラントインプラント

 CTや模型での検査の結果、適切なインプラント治療を行うには骨の量が少ないと診断された場合には骨増生を行うことがあります。また、インプラントの周りの歯茎が少ない場合は歯茎を移植する場合もあります。

 当院の院長は口腔外科専門医であり、外科手術には精通しております。様々や状態のインプラント治療や不測の事態が起こった場合にも対応致します。

その他のメニュー

〒650-0001 兵庫県神戸市中央区加納町3丁目11-4 KEN2ビル1F

神戸市営地下鉄三宮駅より徒歩5分、JR三ノ宮駅より徒歩7分、阪急電鉄神戸三宮駅より徒歩8分、山陽新幹線・神戸市営地下鉄・北神急行電鉄新神戸駅より徒歩10分

【近隣に駐車場完備(3台駐車可能)】

TEL078-803-8615

FAX078-803-8610

9:3013:00---
14:3019:00---
土曜日の午後の診療は14:30-17:00となります。
はじめての方へ 自費診療価格表>
footerロゴ