Loading...
住所・診療時間
〒650-0001兵庫県神戸市中央区加納町3丁目11-4 KEN2ビル1F

神戸市営地下鉄三宮駅より徒歩5分、JR三ノ宮駅より徒歩7分、阪急電鉄神戸三宮駅より徒歩8分、山陽新幹線・神戸市営地下鉄・北神急行電鉄新神戸駅より徒歩10分

駐車場三台完備

9:3013:00---
14:3019:00---
土曜午後の診療は14:30-17:00となります
駐車場
駐車場
閉じる

小児歯科

 歯の無い赤ちゃんの口の中にはむし歯菌はいません。むし歯菌は歯が生えてから定着します。その菌はどこからくるかというと、ほとんどの場合お母さんからうつってきます。

 お母さんからうつってきたお口の菌はお母さんのお口の状態を反映しています。歯周病がひどい方だと悪い菌がうつってきやすく、逆に口に中が清潔な方からは悪くない菌がうつってきます。まずはお母さんが口の中を意識することが大切です。

 子供の時期はむし歯をつくらないことが大切です。この時期は予防が非常に大切です。食事の時間、間食の時間を決め、おやつをだらだら食べたりしないようにしてください。

 

 お子様が小さいときは歯磨き自体を嫌がられると思います。慣れるまでは根気強く保護者の方より歯磨きをしてください。歯磨きに徐々に慣れていきます。

 小学校高学年くらいまでは一日一回必ず保護者の方より仕上げ磨きを行って下さい。

 その際はお子様の口の中をよく観察していただき、初期のむし歯(白い斑点)や歯肉の炎症がないか見てあげてください。

 小児期のむし歯予防に最も効果的なのはフッ素による歯質強化です。乳歯、永久歯ともに生えたての歯は石灰化の程度が低くむし歯になりやすいです。日々のご家庭での仕上げ磨きの際にフッ素配合の歯磨き剤を用いることで、歯質を強化し、むし歯を予防することができます。

 また、定期的に歯科医院で高濃度のフッ素を塗布することでより歯を強くし、むし歯を予防することができます。費用も安く、予防効果も高いので、おすすめします。

 

 妊娠中のお口は一部の歯周病菌が非常に増えやすい環境になり、妊娠中特有の妊娠性歯周炎を引き起こすことでも知られています。歯周病による歯茎の炎症によってプロストグランジンという炎症性物質が増えると、早産を誘発するため(プロスタグランジンは出産の際に陣痛促進薬の成分そのものです)、妊娠中のお口の管理は非常に重要です。

 妊娠された場合は歯科に受診することを強くお勧めします。妊婦さんで虫歯や親知らずでお困りの方は、妊娠の時期によっては抜歯や歯科治療もできますので、気軽にご相談ください。

その他のメニュー

〒650-0001 兵庫県神戸市中央区加納町3丁目11-4 KEN2ビル1F

神戸市営地下鉄三宮駅より徒歩5分、JR三ノ宮駅より徒歩7分、阪急電鉄神戸三宮駅より徒歩8分、山陽新幹線・神戸市営地下鉄・北神急行電鉄新神戸駅より徒歩10分

【近隣に駐車場完備(3台駐車可能)】

TEL078-803-8615

FAX078-803-8610

9:3013:00---
14:3019:00---
土曜日の午後の診療は14:30-17:00となります。
はじめての方へ 自費診療価格表>

コンセプト

Concept

aaaaaa

カウンセリング・インフォームドコンセントを大切にします

aaa aaa

「はじめはお悩みについて相談しましょう。」当院では初診時に検査とともにカウンセリングを行い、来院された理由や悩んでおられることを伺います。その上で治療計画を立案します。治療計画の説明の際には適応出来得る保険治療や自費治療のあらゆる選択肢を説明し、患者様自身に選択していただいて治療を進めていきます。

また、治療の各ステップにおいても、その都度説明し、何らかの形で治療計画に変更が生じた場合にも出来得る治療について納得いくまで相談します。

保険治療も自費治療も治療という医療行為ですので、分け隔てなく説明し、治療していきます。

正確な診断と精密な治療を行います

aaa aaa

当院では高精度の歯科用CTを導入しており、一つの歯から上下の顎全体の状態を詳細に観察することができます。CTに加えて他の様々検査も併用することで非常に精密な診断を行うことができます。

また、歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)も導入しており拡大視野でしかわからないような歯の状態を把握でき、かつ治療の際にも精密な治療を可能にします。(特に根管治療や微細な歯茎の手術に威力を発揮します)

他にも様々な機器を駆使して精密な治療を行います

人生の長い期間笑顔でいられるようにお口のサポートを行います

aaa aaa

平均寿命が延びていく中で、健康寿命(介護が必要になるまでの年齢)との間に男性で約9年、女性で約12年の差があります。昨今歯周炎と認知症と関連が叫ばれていますが、お口の機能を維持し、自分の口から食事できるということは健康寿命の延長につながり、人生の終盤で非常に重要になります。

当院の院長は口腔外科を専門とし、大学病院や市中病院で赤ちゃんの口の治療から、数多の抜歯、口の中の腫瘍の切除、有病者の歯科治療、癌患者の口腔ケアまで幅広く治療を行ってきました。また、長く高齢者の訪問診療、口腔ケアを行っていた経験もあり、虫歯や歯周炎といった一般の歯科の病気以外にも様々なお口の病気に対応することができ、人生のどのステージにおいてもお口のことで力になることができます。

当院では患者様の年齢に応じてお口の健康を維持していくために、様々な治療やケアを行い、持病や年齢からくるお口の症状などに対応し、人生の長い期間笑顔でいられるようにサポートします。

footerロゴ